• home
  • >
  • 「町の自転車屋から世界企業へ」

「町の自転車屋から世界企業へ」

2008年度(H20年度)

11月6日(木)は、㈱あさひ下田富昭様(経41年卒)に第6回目の講義「町の自転車屋から世界企業へ」をしていただきました。
自転車市場とあさひの戦略を、簡潔に自社「サークルベースあさひ」ネットデータ(http://www.cb-asahi.co.jp/)をたくみに使われ、学生も身近な自転車のこともあり、熱心に聞き入っていました。
サブプライムショックのとき、同社は株価上昇した数少ない東証1部銘柄だったそうです。
3人兄弟とご夫婦が仲がよいそうですが、ちなみに証券コードは「3333」です。
ありがとうございました。

■講義の概要 
1.会社の概要
 ・会社の沿革(添付資料参照)
 ・売上高 173億円 経常利益15億円(8.6%) 
 ・店舗数 159店(10/31現在)⇒161店(11/17現在) 

2.自転車の市場規模(2006年度) 約2,500億円
 1)自転車販売店:町の自転車店⇒総合スーパー・ホームセンター⇒大型自転車専門店
 2)生産拠点:国内生産(20年前 約700万台)⇒海外生産(現在 中国95%以上、約1,100万台)

3.あさひの販売方法
 1)合理的な安さと充実したサービスの両立
  ・豊富な品揃え
  ・大量販売(チェーン展開による大量販売、「製造-物流-販売」の一貫体制による合理化)
  ・人間力(充実したアドバイス、万全の点検整備・修理サービス)
 2)3本柱の事業
  ・店舗販売:ロードサイド店の売り場面積(150~200坪)、展示台数800~1,000台)
   159店(10/31現在)
  ・インタネット販売:
   ネットワーキング店(1997年10月オープン)
    上級者、競技者、マニアを対象、1億2,300万ページビュー(09年2月中間期)
   サイクルメール店(2007年9月オープン)
    一般ユーザー対象
  ・商品供給事業:自社開発(中国・天津で生産)-自社販売 53.7%(09年2月中間期)
   ⇒100%を目標
   3つの物流拠点から全国の店舗へ

 3)2007年度自転車販売ランキング
   ①イオングループ 80万台(シェア8.2%)
   ②あさひ 70万台(7.1%)
   ③DCMジャパン・カインズ 各35万台(3.6%) 
   ⑤日本トイザラス 25万台(2.6%)
   ⑥コーナン商事・イトーヨーカ堂・ケーヨーD2・セイチュー 各25万台(2.6%)
   ⑩セオサイクルGR 24万台(2.4%)

下田富昭講師

講義会場:田中会館

講義会場:田中会館

画像の説明

画像の説明

画像の説明

(文・写真、竹内淳一郎)