• home
  • >
  • 「ロングセラーブランド政策」

「ロングセラーブランド政策」

2008年度(H20年度)

12/11(木)、江崎グリコ 細川隆夫執行役員(法52卒)に、第9講 「ロングセラーブランド政策」の講義をしていただきました。
長年、ポッキーなどの菓子開発企画に携わられた体験をもとにした講義は、聴講生も熱心に聞き入り、メモをとっていました。
グリコの商品の代表的なTVコマーシャル(ビデオ)は、その年代を彷彿とさせ好評でした。
ありがとうございました。

■講義の概要 
1.会社の概要
 ・創業 大正11年2月11日  本社:大阪府大阪市西淀川区歌島4丁目6番5号
 ・資本金 77億73百万円
 ・売上高 連結2,787億円(単独1,375億円) 連結経常利益51億円(1.8%) 08年3月期
 ・従業員 連結4,553人名(単独1,178人) 08年3月末現在 
 ・事業種目 菓子、食品の製造および販売

 ・国内関連会社 グリコ乳業、グリコ栄養食品(牛乳、飲料、デザート)、アイクレオ(乳幼児用
  粉乳、飲料) 
 ・海外関連会社
  1970年 タイグリコ(現地法人)
  1982年 ジェネラルビスケット グリコ フランス(合弁)
  1995年 上海江崎格力高食品有限公司(現地法人)

2.菓子市場:成熟市場(添付「菓子市場の推移」参照)
 少子高齢化、子供の減少、人口減、世帯構成の変化
 単身世帯の急拡大 95年約9%⇒20年約17%
 特に65歳以上の「高齢単独世帯」が急拡大 95年約6%⇒20年約10%

3.ロングセラー商品の紹介(ポキー、キスミント、ビスコ)

4.何を変えて良いのか? 何を変えてはいけないのか?
 ・ブランドは、時代とともに育っていく
 ・ブランドは、楽しい記憶(=絆:約束)をつないでいく  
 ・ブランドは、新しい取り組み(顧客の若返り、鮮度感)にチャレンジしなければ、古臭くなり、忘れ去られる

講義前に佐々木教授、海老塚教授と懇談

細川隆夫講師

講義会場:田中会館

画像の説明

(文・写真、竹内淳一郎)